杉松製陶の三河黒七輪(丸形)






材料は三河の土と珪藻土だけ。金具も一切使用せず、創業大正5年から変わらぬ製法で一つひとつ手で作り続けられている三河の黒七輪。今ではその作り手も、日本で杉松さんただ一人です。

屋根瓦にも使用されている水や衝撃に強い三河土。これで軽くて断熱性の高い珪藻土を囲むことで、保温性に優れ、丈夫で長持ちする作りとなっています。遠赤外線を逃がさない構造になっているため、魚や肉、お餅などを焼いても表面を焦がしすぎず中までしっかり火を通すことが出来るため、味に違いが生まれます。



外でご利用の場合、風が通り抜ける位置に戸口を向けて置いて下さい。最初に新聞や割り箸などの木っ端を入れて着火し、それから木炭・オガ炭・豆炭などを入れると火が安定しやすくなります。コンロの底部は高温になるため、耐熱性のあるものの上でご使用下さい。屋内でもご利用頂けますが、その場合は付属の注意書きをよくお読み頂いてからご使用下さい。



・ 販売価格

6,264円(本体5,800円、税464円)

・ 購入数